診療のご案内

インフルエンザ

インフルエンザ

インフルエンザとは

インフルエンザウイルスによる呼吸器感染症で、風邪に似た症状を示しますが、原因が異なるため治療方法も異なります。毎年12⽉~3⽉にかけて流行するのが特徴で、短期間に多くの人が感染する疾患です。

インフルエンザの症状

インフルエンザでは以下のような症状を発症します。

  • 38度以上の発熱
  • 頭痛
  • 筋肉痛
  • 関節痛
  • 倦怠感
  • 咳や鼻水
  • のどの痛み
  • など

症状が悪化した場合、

  • 肺炎
  • 脳症

などの重大な合併症を引き起こすこともあります。

インフルエンザの原因

インフルエンザウイルスと呼ばれる、ウイルスへの感染が原因です。
ウイルスはA型やB型、C型と複数の型があり、毎年流行するのはA型とB型ウイルスです。
さらに従来の薬に耐性をもった新型ウイルスが流行する場合もあります。

ウイルスに感染しても1⽇~2⽇の潜伏期間がある場合や、症状が出ない場合があるため
感染していても気づかないこともあります。

インフルエンザウイルスは、感染力が非常に強く、くしゃみや咳などの飛沫感染や接触感染をします。
また、症状が治まってもインフルエンザウイルスは体内に残っていることがあり、
感染拡大を防ぐために人との接触をできるだけ減らす必要があります。

特に免疫の整っていない子どもでは感染拡大しやすいため、学校保健安全法で発症から4~5日、
解熱から2日(幼児は3日)の出席停止期間が定められています。

予防接種について

インフルエンザ

インフルエンザへの対策は、ワクチンの予防接種が有効です。
インフルエンザウイルスはニュースなどで耳にするように新型インフルエンザが流行するなど、流行する型が毎年変わります。

流行前に免疫を高めることが大切ですので、
10月~12月に予防接種を受けるようにしましょう。

治療について

原因療法

抗インフルエンザ薬を使ってウイルスの増殖を抑えます。
抗インフルエンザ薬は、ウイルスが増える前の発症から48時間以内を目安に服用しなければ
効果が弱まってしまいます。

対症療法

インフルエンザウイルスそのものへの治療ではなく、
解熱鎮痛剤などの他にも、様々な症状を和らげるお薬を使った対症療法を行います。

症状が治まるまでは、ウイルスへの耐性や栄養状態などにもよりますが
発症から5日前後が目安になります。

注意していただきたいこと

免疫が整っていない幼少児や高齢者は、
感染した場合に発症、症状の重大化のリスクが大きくなるため注意が必要です。

また、大人であっても、

  • ストレスや疲労が溜まっている
  • 睡眠不足が続いている
  • 栄養不足

といった健康状態の場合、インフルエンザの症状を発症しやすくなります。

予防接種を行い、感染前から備えることがインフルエンザ対策の第一歩になります。
予防接種をしたからといって必ずインフルエンザに罹らないということではありませんが、
重症化を防いだり、かかりにくくなります。

感染してしまった場合でも、対応が早いと症状の重大化を押さえることができるため、
流行時期には「風邪かな?」と思っても、早期の受診をお勧めします。

CLINIC INFO

診療時間

診療時間

水曜午後、土曜午後、日曜・祝日

おかもと耳鼻咽喉科クリニック

〒520-2362 滋賀県野洲市市三宅2339-4

  • JR東海道本線「野洲」駅 北口から徒歩約10分
  • 駐車台数 約90台

★ 電話での予約受付は ★
行っておりません。

077-518-0880

順番予約はこちら

アクセスMAP

オンライン予約はこちら

滋賀県(野洲市・守山市)野洲駅 耳鼻科 耳鼻咽喉科 おかもと耳鼻咽喉科クニック

滋賀県(野洲市・守山市)野洲駅 耳鼻科 耳鼻咽喉科 おかもと耳鼻咽喉科クニック

診療内容

耳鼻咽喉科

所在地

〒520-2362
滋賀県野洲市市三宅2339-4

TEL.077-518-0880

  • JR東海道本線「野洲」駅 北口から
    徒歩約10分
  • 駐車台数 約90台

マップを見る


このページの先頭へ